のび太の魔界大冒険のあらすじ

映画ドラえもん のび太の魔界大冒険を久しぶりに見返しました。
私は、歴代のドラえもん映画でも、のび太の魔界大冒険が一番好きなんです。
魔法使える世界っていうコンセプトもいいですし、物語の展開が手が込んでいて、謎解きの要素も含まれているんですよね。
あらすじを少し書いてみますね。
物語は、のび太が見ている夢の中から始まります。
夢のなかでは魔法が使えて楽しいのび太。
目が覚めるとつまらない現実が待っているだけだった。
やがて、もしもボックスで魔法が使える社会を実現させるのび太とドラえもん。
見た目は普通の世界と変わらないのに、科学に代わって魔法が世界に浸透している世界が実現するのだった。
魔法の世界でも、落ちこぼれ扱いののび太。
やがて、魔学博士満月の娘、美夜子と出会い、魔界星に大魔王デマオンを倒す冒険に出発する。
魔界星で苦労しながらデマオンの城にたどり着くものの、デマオンに一度は破れるドラえもん一行。
ドラえもんとのび太はタイムマシンにのって、もしもボックスを使ったあの瞬間に戻り、過去の自分達にもしもボックスを使わせないように、止めるという作戦に出る。
ところが、デマオンに命じられた怪人メデューサが追ってきて。。。
という流れです。
詳しいあらすじは以下のページを参考にしてください。
のび太の魔界大冒険 あらすじ
のび太の魔界大冒険の素晴らしいところは、藤子先生のSF魂がしっかり発揮されていることですね。
本格的なSFアニメとは、まさにこのことだと思わされます。
それでいて、しっかり冒険要素もあり、最初から最後まで、子どもも大人も飽きずに見ることができます。
こののび太の魔界大冒険は、歴代ドラえもん映画でもベスト5に入る人気があります。
リメイクされたぐらいですからね。
監督は、ドラえもん映画の黄金期を長年に渡って担ってきた、芝山努さんです。
脚本はもちろん藤子先生ですから、間違いないタッグですよね。
ぜひ、最近のドラえもん映画しか知らない子どもたちにも、この過去の名作を見てもらいたいと思います。
最近では、アマゾンプライムとか、サブスクリプションのサービスでドラえもん映画を手軽に見ることができます。
昔はレンタルビデオ店で借りていたものですけどね。本当に便利になりました。
ぜひ、過去の名作、のび太の魔界大冒険を楽しんでみてくださいね。