ほとんどの人が得すると言われる住宅ローン借り換え

行うとほとんどの人が得すると言われる住宅ローン借り換えですが借り換え申し込みはいつから可能なのでしょうか。

最短での経過日数はわかりませんが半年からメリットがある場合もあります。

例えば、フラット35の借り換えを利用する際の条件として、申込日前日までの1年間返済を問題なく進めている方という項目があり、他の銀行もほぼ同様の審査基準と考えたほうが良いです。

また、住宅ローンの借り換えには登記などの手数料が必要になったり新規の借入と違い担保となる住宅が中古物件扱いになることから審査が通りにくくなります。

新規の借入時よりも今の金利が下がっていればメリットはありますが、最低でも1年間返済を続けた後に検討しましょう。

住宅を購入する際に利用したい住宅ローン控除制度ですが実は住宅ローン借り換えを行なった後でも条件次第で利用できます。

しかし、この制度を活用するには勤め先で年末調整をしていた方でも、確定申告を行う必要がありますので気をつけてください。

その際、提出する必要書類が多いので前もって準備を始めましょう。

借り換え後でも活用できる要件としては、当初の住宅ローン返済のためという要件と借り換え後の借入期間が10年以上に設定されているかという点です。

基本的に借り換えを行う理由は借金を返すのが目的ではなく金利条件を見直すためなので状況が大きく変わっていなければ適用可能なことが多いです。

突然ですが皆さんは住宅ローン借り換えを行った経験はありますか?多くの人は行ったことはないと思います。

借り換えをする際の流れを確認しましょう。

まず最初に行うのは、現在のローンを再確認することです。

確認したら銀行機関のHPに設置されている借り換えシミュレーションで毎月の支払い額や総額をシミュレーションしてみましょう。

シミュレーション後に行うのは借入銀行選びです。

金利だけを見るのではなく、保証料なども見て自分に合ったローンを選びましょう。

条件に合う銀行が見つかったら次は申し込みして仮審査です。

仮審査で複数の銀行から融資OKをもらったら条件のいい銀行を選びましょう。

今の借りているローンの金利よりも低い金利にするために行う住宅ローン借り換えですが、借り換えを行う際にはいくつか注意点があります。

まず注意するのは借り換えを行うメリット・デメリットをしっかりと把握することです。

例えば、メリットとしては毎月の返済額を抑えられることなどが挙げられますがローンの借り換えとは今とは違う別の機関で住宅ローンを組むことなので申し込み時に必要な諸費用を再度支払う必要が出てきます。

金利だけでなくこういった面も含めて総合的に考えるべきです。

他にも借り換えを行うのを決定した場合には、借り換え先は保証料がかからないローンなのか、繰上げ返済が簡単かなど自分の条件にあった基準でローン選びをする必要があります。

家計を圧迫するとよく相談のある住宅ローンですが中には、組んでいるローンの金利よりも低いローンが見つかったらそちらに変えたいと思っている人もいますよね。

ただ、金利だけを理由に変えるのはやめましょう。

住宅ローン借り換えは消費者ローンの借り換えとは違い登記などいろいろな費用が発生しますので、費用を計算したら逆に損してしまうということもあります。

各ローンページにあるシミュレーションでメリットがあるかを確認してから行いましょう。

借り換えを行う基準としてよく言われているのが、借り換えで得する金額が月収以上になった時です。

住宅ローン借り換えに通ると様々な手続きが必要です。

例えば抵当権設定・抹消登記などです。

登記手続きなどの実務自体は司法書士にお願いする形になりますが司法書士を選択する権利が申込者側にあるので金融機関次第では自分で選択することもできます。

借り換えを行う方の多くは司法書士の知り合いがいないのが普通だと思うので金融機関の指定する司法書士が行うことも多いです。

司法書士を選べるかどうかは金融機関へ確認してください。

他に用意する書類も多く時間もかかるので借り換えメリットと労力を比べて行わないという決断もありです。

住宅ローンを活用している場合にメリットの大きい住宅ローン控除ですが住宅ローン借り換えを行った際には控除は受けられるのでしょうか。

住宅ローン控除制度とは10年間にわたって年末時点の住宅ローン残高の1%が所得税額から還付される制度です。

借り換え時にローン控除のメリットをフルに受けられるようにすることが重要なポイントとファイナンシャルプランナーの方も言っています。

控除をフルに受けるには、借り換え後の返済期間を10年以上にすることやその理由としてはローン控除では1%の所得税が還付されるのでローン控除では1%の所得税が還付されることになるので金利が1%未満なら戻ってくる所得税よりも支払う金利が大きくなるからです。

現在のローンよりも金利の低いローンを組む住宅ローン借り換えですが、借り換えに際して色々と必要なものがあります。

住宅ローン借り換え審査が甘い銀行によると、その際、準備する書類は大きく分けて3種類に分類されます。

1つ目は現在の住宅ローン返済予定表などの自宅で保管しているもの、2つ目は役所や勤務先で取得できる所得証明などの書類、3つ目は不動産業者や法務局で取得できる登記簿などの書類になります。

勤務先などで取得する書類は比較的見慣れているのでどんなものかイメージしやすいですが登記簿などは業者への連絡など時間がかかりやすいです。

ここに挙げたのはほんの一例なので実際に借りる金場合はもっと多くの書類が必要になることもあるのでよく確認しましょう。