今の新参は昔の切手相場を知らないから困る

実は、切手の中でも、「中国切手の買取需要が高額になっている」ということをご存知でしょうか?理由は何かというと、切手の人気が中国の人達の中で高いということが背景にあると考えられます。ですが、査定額が高くなるかもしれないのは、切手のうちでも文化大革命時代のものなどごく一部だけです。
その他にも、珍しい切手の買い取りを行っている業者の中でも、外国切手の買取は行っていないという場合もあるので事前に確認しておきましょう。
長期間にわたって、珍しい切手のコレクションを続けている人にとって、買取に出すことは、自分の子との離別のような気分に陥ってしまうこともあるようです。
どちらにしろ手放してしまうのであれば、出来れば高く買い取ってもらえるところへ見つけるのがいいと思います。 買取される珍しい切手にとってもそうされた方が喜ぶだろうと思います。外国切手は一般的には使い道がないですが、日本では見ないような独特のデザインであることから、一部では人気が高く、実は集めている人が多い切手だと言えます。
そういう訳で、業者の中でも買取を受け付けているところはたくさんあるのですが、多く出回っているものや、ただ集められただけの不揃いなコレクションは買い取ってもらえないことはよくあります。もしもあなたが切手を買い取ったもらおうとする際には、10枚以上として組になった状態で売ることをお勧めします。
なぜならその方がレートが高くなるからです。そうでなくとも、仮に、数があるにはあるけどバラの切手ばかり、というあなた、少しでもレートを上げるためにできることがあります。
台紙に貼付する、というシンプルな方法です。
どういう風に貼ればよいかというと、まず、同じ額面の切手を50枚とA3サイズの紙(A4二枚貼り合わせでも可)を用意します。それを縦5行、横10列になるように貼り付けるのです。
単にこれをするかしないかでレートが10%も違うことが考えられるのでいつかのために忘れないようにしてくださいね。額面以上の値がつく切手は多く、プレミア付きで取引されるものも多いのです。切手買取の専門店は至るところにあって激しい生き残り競争を繰り広げていて、少し考えてみただけでも市場のスケールが大きいことを推測できるでしょう。インターネットは切手収集にも大きな変化を及ぼし、ネットを介して売買することも増え、今後、様々な形で市場拡大が続くでしょう。
栃木県の切手相場

集めた切手を売ろうとするとき気がかりなのはいくらで買い取ってもらえるかということです。
とりわけ人気の高い珍しい切手に関しては買取価格が高くつきやすいため一円でも高い値段で切手を買い取ってほしいなら、二―ズをあらかじめ調べておいて提示の買い取り金額の妥当性を判断しなくてはならないでしょう。コレクションとして集めるために切手をほしがる人がいるということを発行者も理解していて切手それ自体にはそこまで発行費用が高いわけではないこともあり、何らかの記念にかこつけて珍しい切手の発行が行われることは多々あります。
その様な記念切手は高価買い取りされる場合もありますが「記念珍しい切手」であっても希少価値の低いものはそこまで高く買い取られることはないでしょう。
それほど期待しない方が無難でしょう。
実際に切手買取をして貰う時、注意すべき点は悪徳業者を上手に避けるということですね。悪徳業者というのはこちらの専門知識のないところを利用し、通常よりもとても低価格での買取を提案してきます。
完全に判別することはなかなか大変ですが、事前に、評判がどうなのか調べておくと、うっかり悪徳業者に騙されるということも避けられるでしょう。
切手は紙でできていますから結構、破れたり劣化したりしやすいものです。ことさら、熱であったり湿気であったりの影響を受けやすく、買い取り時に価値を落とさないようにするためにもどのように保管するかは大事です。
ストックリーフとかストックブックをうまく使って直射日光を避けて保管してください。
また、なるべく湿気の少ない部屋に保管しましょう。ほぼすべての切手を買い取る業者ではプレミア切手と呼称される切手も買い取っています。
プレミア切手というのは、明治と大正、昭和戦前戦後の時代の切手のことを指しており、有名なのは、「見返り美人」や「月に雁」というようなものです。
めったにないものなので、シートとしてでなくバラであっても高値が付く事も十分あり得ます。