変なおっさんに助けられた話

自分が小学生の頃。
近所で割と有名なおっさんがいた。
ブツブツいつも呟いて街を徘徊していた人だった。
両親も含めて奇妙な人だから近寄らないほうがいいと皆言っていたので話しかけたことはなかった。
同時にサッカークラブに通っていたのだがある日俺は思いっきり接触してしまい首を打ってしまった。
結局鎖骨の骨が折れてしまい急遽病院へ。
その時肛門からあのおっさんが俺のことを見ていた。
翌日首をガチガチに固定して学校へ休み時間に廊下の窓から外を見るとおっさんがいるではないか 。
友達と一緒に家に帰る途中でおっさんは待機していた。
おもむろに俺に近寄ると首のところにスッと手を当ててくれた。
その間およそ10分間おっさんの額は汗でぐっしょりさすがに怖くておっさんが手を離すとすぐに俺は家に向かって走った家について両親にその事を話そうとして変化に気付いた首の違和感が全く無いではないか。
一週間後経過確認で病院に行ったら医者が驚愕していた骨折の跡がまるでなかったらしい。
俺はその話を両親にしたけどまるで信じない。
直ったこと自体は不思議がっていたが俺自身も半信半疑だったが一応おっさんにお礼を言おうと思ったら行方をくらましていた今から思えば子供には評判が良かったおっさんであった元気であってほしいと思う今日この頃。